かわいがり子育て

かわいがり子育て ホーム » 
ここにトップインフォメーションを入力してしてください

子どもの「花」が育つとき 66

第4章 つぼみのころ  ◆1歳半ごろ~2歳半ごろ◆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 * 夫婦円満が最高のしつけ
・・・・・・・・・・・・・・・
思いやりのある子に育てたい
親なら誰しもが願うことです
人に対する思いやりや優しさは、子どもに理屈で教えられるものではありません
お父さんとお母さんが
互いにいたわりあい、相手を思いやる気持ちを持つ――
そんな両親の姿を見ながら、子どもはごく自然に
思いやりの心や、優しさを身につけて、素直にすくすくと育っていくものです。

お子さんをはじめ、ほかの人には優しく穏やかでも、
なぜかご主人には冷たく当たるお母さんがいますが、
これでは子どもに、人への優しさ、思いやりは育ちませんよ。

和やかで温かい家庭の雰囲気をつくるのは、
お父さんよりも、やはりお母さんのほうが上手です。
たとえば、「行ってきますと機嫌よく会社に行ったお父さんが、
帰宅したときには、ひどく不機嫌になっていることがあります。
おそらく会社で、上司から無理な仕事を押しつけられたとか、
得意先から嫌味を言われたとか、部下から反抗されたなど、
何かいやなことがあったのでしょう。

こんなときのお父さんは、
朝は活発に働いていた知的脳細胞――感情を抑えようとする脳細胞も、
すっかリエネルギー切れとなり、あたかも2歳児のように自己中心的になっています。
ですから、お母さんが「遅いじやないなどと小言で出迎えようものなら
たちまち感情的になってうるさい!と応酬してきます。

お母さんがイライラしているときでも、
お父さんの帰宅時は、気持ちのスイッチをパチリと切り替えて、
おかえりなさい。お疲れ様」と、温かく出迎えてあげてください。

そして、そのときもし、お父さんが不機嫌そうな顔をしていたら、
「ははあ、いま2歳児と同じ気持ちになっているな」と察して、
お母さんのほうが知的脳細胞をフルに働かせてみる――
同じ土俵で闘わないようにするのです。

小言を言いそうになったときも、2歳児のしつけのことを思い出して、
命令口調にならないように話すのが、知恵ある妻です。

そんなものわかりのいい妻になんてなれないわなどと、おっしゃらないで
「柔よく剛を制する」ということわざがあります。
女性のこんなちょっとした知恵が、
それこそ、男性のひとつ上を行くことになると思います。
どうか「知恵ある妻」に
そして子どもに対しては「知恵ある母」になってくださいますように

     **********
 あけましておめでとうございます。
 年の始めのお話としては、人間関係の最も基本的な関係である夫婦についてのお話であり、なおかつ夫である私としては大変ありがたいというか、嬉しいお話です。長いこと児童相談所を始めとして、子どもの相談に関わってきた者としては、お子さんの相談に見えたお母さんで、夫婦円満な生活を送っているお母さんには出会ったことがほとんどなかったと言えるでしょう。もちろん、全くなかったとは申しません。例えば障害を持ったお子さんを育てているお母さんなどの中には、ご夫婦で協力して一生懸命育てておられる円満なご夫婦もおられました。でも多くの場合は、よくお話をお聞きすると、お父さんに対する、不平や不満を口にします。恩師の野田先生も「家族の基本は、夫婦である」というのが口癖でした。相互信頼、相互尊敬、目標の一致と相互協力の大切さを言われました。
 男性の努力ももちろん必要ですが、夫の対してはどうか「知恵ある妻」に、そして子どもに対しては「知恵ある母」になっていただきたいと心からお願いいたします。
 今年もお出かけいただきますようどうかよろしくお願いいたします。

育(そだてる) 87

7 お腹の赤ちゃんとおしゃべりしていますか
      -“胎談”のコミュニケーションで赤ちゃんはどう変わるか
                                                                               大阪胎教センター主宰 森本義晴
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 * 飼い犬もお腹の赤ちゃんと胎談する
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 お母さんがお腹の赤ちゃんと話をしていると、母性がたいへん豊かになってきます。私の不妊症外来でやっと妊娠した人がいるのですが、この女性が、先日、「先生、こんな不思議なことがありました自らの体験を話してくれたことがありました。

 彼女は、長く子どもがいなかったので、子ども代わりに柴大を家の中で飼っていました。妊娠がわかったとき、彼女はその柴大に、「赤ちゃんができたよ。でも流産するかもしれないの」と話したそうです。それだけ柴大に対しても家族のような感情を持っていたのでしょう。しかし流産の危険性もなくなり、順調にお腹の赤ちゃんは育っていきました。
 ある日、彼女が寝ていると、その柴大が来て、彼女のお腹の上に頭を置いて寝ていたのだそうです。
 するとそのとき、お腹の赤ちゃんが思いっきり犬の顔を蹴ったのです。犬がびっくりしたので、彼女が今のが赤ちゃんなのよ、赤ちゃんが動いているのよと柴大に教えたそうです。

 そういうようなことが何回かあった後、赤ちゃんがお腹を蹴ると、その柴大がお腹のそのあたりを前足でひっかくようになったそうです。要するにコミュニケーションをとろうとしているわけです。さらに柴大は、お腹の赤ちゃんの動きに合わせて、まるで、それに語りかけるように声を出すようになりました。
「ワンワン」といったほえる声でなく、「フニョーンというようなたいへん甘い声です。その声は、飼い主の彼女でさえもいままでに聞いたことのないようなやさしい声だったそうです。
 そしていまでは、犬が赤ちゃんのために、ぬいぐるみを持ってきてお腹の上に置くのだそうです。
 しかも、その声にお腹の赤ちゃんがこたえるように、お腹をポンポンと蹴ってきたというのです。それを見て彼女は、「赤ちゃんと犬とのあいだに何かコミュニケーションができたんだなというのを感じたそうです。
 そして不思議なことなのですが、やがてその柴犬のおっぱいが出てきました。もちろんその大には赤ちゃんはいません。妊娠の兆候も見られませんし、これはきっとお腹の赤ちゃんとのコミュニケーションによって、その大に母性本能が出てきたと考えられます。

 犬でさえ、お腹の赤ちゃんとのコミュニケーションによって母性に目覚めたのですから、母親がお腹の赤ちゃんに話しかけることは、母性を豊かにすることにおおいに役立つはずです。もちろん、出産後の母乳にもよい影響があることがこの事例からわかります。

     *********
 今日のお話は、何と不思議な信じられないようなお話です。でも、実際に起きた事実なのでしょうね。いわゆるアニマルセラピーとも何か関連があるのでしょうか。動物には、例えば犬などにはもともと、人間の母性に近いような特性とでもいえるようなものが備わっているのでしょうか。もっともっと、研究が深まって欲しいと思いました。
 それはそれとして、動物好きの人は動物とのコミュニケーションが取れるものなのでしょうね。このお母さんもそれだからこそ、このような体験ができたのかもしれないとも感じます。

育(そだてる) 86

7 お腹の赤ちゃんとおしゃべりしていますか
      -“胎談”のコミュニケーションで赤ちゃんはどう変わるか
                                                                               大阪胎教センター主宰 森本義晴
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 * 胎談をした子はよその子とちょっと違う
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「自分の子どもはひじょうに気持ち悪がられる」というお母さんがよく病院に来ます。決まって、胎談をして出産したお母さんで、周囲が「気持ち悪い」という赤ちゃんの母親にしては、べつに困ったふうにも見えません。
 そこで「気持ち悪がられる原因を聞いてみると、「しゃべるのが早い」とか、「何でもわかっているような顔つきをしているとかです。要するに機能の進歩が、他の赤ちゃんよりもずいぶん早いからです。
 たしかに、お腹にいるときから胎談によってお母さんとコミュニケーションを続けている赤ちゃんは、一般の子どもとは、出産後の発育状況や行動などがいちじるしく違ってきます。一言で表現すれば、「変わっている」というのでしょう。

 胎談プログラムで出産したお母さん方には、その後も、赤ちゃんの様子などを知りたいので、教室に来てもらっています。お母さんに連れられてやってくる赤ちゃんたちは、私から見ても、すぐには「変わっている」という感じはしません。
 ところが、多くのお母さんは、「うちの子はよその子とちょっと違う」と言います。要するに、胎談を受けている子どもたちばかりを集めておくと、それほど、「変わっている」という感じはしないのですが、胎談を受けてない赤ちゃんの集団の中では、明らかに、「変わっている」ことが明確になるというわけです。

 * 胎談の赤ちゃんは育てやすい
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 胎談を受けた赤ちゃんは生後二、三カ月ではっきりと一般の赤ちゃんとの違いが出てきます。まず第一に、自分の主張をはっきり訴えます。何かを主張したいときは泣きます。すなわち、泣いているときは、おしめを替えてほしいか、お腹がすいているかです。それ以外のときにはあまり泣きません。原因もわからずに泣いて、お母さんを困らせることもありません。「カンの虫」や「夜泣き」といったものはありません。それだけに、胎談を受けて生まれた赤ちゃんは「たいへん育てやすい」というのがほとんどのお母さんの共通した声です

 二番目は、ひじょうに好奇心が強いのが特徴です。
 お父さんが新聞を読んでいると、後ろからじっと見ているという赤ちゃんもいます。文字に対する関心がとくに強いようです。
 それから、人の気持ちを思いやることができるのも、胎談を受けて生まれた赤ちゃんの特徴です。ひじょうに幼くて、自分が生きることで精いっぱいのはずの赤ちゃんなのに、人のことを気遣うから不思議です。
 たとえば、 一人のお母さんが、あるエピソードを話してくれました。彼女の子どもは二歳になったばかりなのですが、お母さんと二人である集会に行ったとき、驚くような行動をとったというのです。
 会場には参加者がいっぱいで、もう座る場所もなかったほどでした。「どこか座る場所はないか」とお母さんが探していると、その子が、一つの席を見つけると、さっと走っていって、お母さんに「ここに座って」と先に座らせたというのです。
 胎談を受けた赤ちゃんや子どもは、そういう気の使い方をします。ひじょうにやさしいといってもいいでしょう

 このことは、胎教を受けた子どもたちを一堂に集めたときにはっきりしますほとんどケンカをしませんおもちゃの取り合いもしません。自分の遊んでいるおもちゃを取られても、「あっ」と言う程度で、あとは「まあしようがないな」といった感じであきらめてしまいます。そういう意味では、人間関係もコミュニケーションもたいへんうまくいくのです。

 * 社会性がずばぬけて高い、胎談をした赤ちゃん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 私の病院の心理学のカウンセラーの元橋安子先生といっしょに、胎談を受けた子どもたちの知能テストをしたことがあります。対象がまだ一歳半か二歳の子どもですから、知能テストといっても、発達試験の類です。発達指数で表現しますが、発達指数が一〇〇とすれば、知能指数も一〇〇と考えられています。

 調査した結果、胎談を受けた子どもの発達指数は、軒並み一四〇から一六〇と出ました。これには私たちたいへんびっくりしました。この調査で「知能」の発達以上に目を引いたのは、この子どもの社会性の高さです。いわゆる天オ児というのではなく、社会的に成熟した人格の持ち主です。ですから他の子どもとうまくやっていける、人の気持ちがわかる、人の立場になってものが考えられる、そういうやさしい子が胎談を受けた子どもには多いのです。

 * 胎談は運動神経や感覚神経も発達させる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 身体的な発育も、胎談を受けて生まれた子どもは、他の赤ちゃんに比べて、相当のひらきが見られます
 たとえば、赤ちゃんの首が座る時期は、およそ生後三カ月ぐらいが一般的ですが、胎談を受けて生まれた赤ちゃんは、生後一カ月ほどで早くも首が座ったという報告を受けます。それも一人や二人ではなく、ほとんどの赤ちゃんの首の座りが早いのです。これは胎談を受けた赤ちゃんと、受けていない赤ちゃんのはっきりとした違いです。

 首が座るというのは、赤ちゃんを直立させても、頭が前や後ろにガクッとならない状態のことです。これは背筋などに力がつくと可能なのですが、やはりその子どもの平衡感覚や運動感覚の発達と関係していると考えられます。
 胎談はお腹の赤ちゃんの脳を刺激しますから、言語だけでなく、運動神経や感覚神経も刺激されて発達するのではないかと思われます

 * 胎談をした子はハイハイや歩くのも早い
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 さらに胎談を受けた赤ちゃんは、運動神経系も刺激を受け、発達していることは、ハイハイや歩く時期が早いことからも明らかです
 ハイハイとか歩くというのは平衡感覚や運動神経系の成熟によるものですが、ある程度、筋力がついた証拠でもあります。わかりやすくいえば、バランス感覚が身についたことと、足で体を支えられるだけの筋肉がついたということです。

 また、胎談を受けて生まれた赤ちゃんはしゃべるのも早いことが特徴です。赤ちゃんは生後五カ月ごろからまず、哺語という赤ちゃん特有のバブバブとかアブアブという言葉を発します。それを過ぎると、パパとかマンマなど、一語ないし二語しゃべるようになります。それから言葉を覚えていくのですが、胎談を受けた赤ちゃんは、一般の赤ちゃんに比べると、こうした段階が二、三カ月早くくるようになります。

 また胎談を受けて生まれた子どもたちは、たいへん音楽が好きです。とくにお母さんやお父さんが妊娠中に聞かせていたジャンルの音楽を好きになる傾向が見られます。生まれてからも、そのときに聞いていた音楽に興味を持ち、関心を持ちます。
 たとえば、私の病院の薬剤師の長尾さんはヘビメタがとても好きなのだそうです。赤ちゃんがお腹にいるときにいつもヘビメタを聞いていたのですが、すると生まれてきた赤ちゃんがやはりヘビメタにたいへん興味を示すようになったそうです。遊んでいるときにクラシック音楽が流れていても知らん顔をしているのに、ヘビメタだとすぐにテレビのそばに飛んで来るというのです。

 このように、感受性や情操的な面が人一倍強いのも、胎談を受けた赤ちゃんの特徴の一つです

     *********
 今回の各項目は、胎談を受けた赤ちゃんの特徴についてのお話です。大阪胎教センターで胎談のプログラムを受けた赤ちゃんはPHPの資料によると、6000人以上とありますので、記載されている胎談を受けた赤ちゃんの特徴は事実として確認されたものだと思われます。ただ、胎談のプログラムを受けた赤ちゃんのうち、どの程度の割合でそういう事実が確認されているのか、あるいは一人の赤ちゃんについて、各項目の内容がすべて該当するのかなどもぜひ知りたいところですね。しかし、それにしても、多少なりともお話のような効果が確認されたとすればすごいことだと思います。胎談の具体的な方法などについてのお話もこれから出てくるのでしょうか。読み続けます。今週も引き続きお付き合いをよろしくお願いいたします。

育(そだてる) 85

7 お腹の赤ちゃんとおしゃべりしていますか
      -“胎談”のコミュニケーションで赤ちゃんはどう変わるか
                                                                               大阪胎教センター主宰 森本義晴
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 * 「新生児の覚醒期」に親子の絆がつくられる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 前項で、生後三〇分でお父さんの言葉を理解した赤ちゃんの例を紹介しましたが、この点について、違う観点から考えてみましょう。それは生まれたばかりの赤ちゃんの意識についてです。お父さんの言葉を理解した赤ちゃんの話を聞いたとき、私が、おおいに納得できたのは生後三〇分という時間と関係があります。

 赤ちゃんの意識は、生まれると、すぐ「まどろみ」の時期を迎えます。これはいわゆる夜明けのまえの薄ぼんやりした時期をいいます。そして一〇分から三〇分くらいたつと、次に「新生児の覚醒期」が訪れます。これがだいたい三八分間ほど続くといわれています。先の赤ちゃんも、父親の言葉を理解したのは、覚醒期だったのです。

 この「新生児の覚醒期」については、いま学者のあいだで、たいへん強い関心を持たれ、盛んに研究もされています
 そしてその時期に新生児がどのような対応をするのか、どのような顔をしているのか、どのような態度をとるのかというのがひじょうに重要だといわれています。それは、この時期に新生児がはじめて物事を認識するからだ、と考えられているからです。

 この時期に母子の絆が形成されると指摘する専門家も少なくありません

 * 出産後はしばらくお母さんに抱かせることがたいせつ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ところが昔の産婦人科では、出産の直後にいちおう「元気な赤ちゃんですよ」と母親に赤ちゃんを見せましたが、すぐに「感染したらいけませんから新生児室‐‐へお預かりします」と赤ちゃんを連れて行きました。その後にたいせつな覚醒の時期が来たわけですから、たいせつなときに母親と赤ちゃんは離れ離れになっていたのです。「新生児の覚醒期」の研究がまだ行なわれていないころですから、それはじかたがないことでしょう。
 しかし現在、その研究もかなり進んでおり、私のかかわっている病院でもかならず出産後一時間くらいは母親に抱かせて、覚醒期を逃さないようにしています。そして、このときに母親と新生児が「EYE TO EYE CONTACT」、つまり日と目が真正面から接触することをだいじにしています

 ″インプリティング″という言葉がありますが、これは鳥や動物の赤ちゃんが生後、明らかに姿、形が異なっていたとしても、最初に見たものを親と思ってしまうということです。これと同じことが人間にもあると考えられているのです。

 今の四〇代、五〇代の日本のサラリーマンは働きバチで、わが子の出産に立ち会わなかった人も少なくありません。私は最近テレビや新聞でもさわがれているように、子どものいじめや家庭内暴力が多発するのも、父親が「新生児の覚醒期」に強い親子の絆を結ばなかったスケが回ってきたのではないかと思います。

     *********
 これらの記事にも驚きました。私は寡聞にして存じませんでした。ネットで調べてみると、新生児の意識レベルについてたくさんの記事が載っていました。不勉強を恥じ入るばかりです。一つには授乳の関係で睡眠と覚醒についていろいろ研究されているようです。今日の森本先生のお話と関係がありそうな記事が目に留まりました。大藪 泰さんの「新生児の覚醒行動状態について」という論文です。
 その論文の中に、 誕生直後の覚醒状態という項があり、「誕生直後の新生児の行動状態は、覚醒状態の出
現が著 しく多 く、それ以降の時期とは非常に異なる特異な状態像を呈することが知られている」とあり、「この特異な行動状態の時期を、high arousal期と呼んでいる」と記載されています。同項の後半に、「このHigh arousal期が、分娩直後の母性的感受性に高まりをみせている母親に、新生児が噂泣 というシグナルによって母親の接近を促 し、その直後の目を開いた覚醒状態が、その接近を維持させるシグナルとしての機能を働かせている(大薮,1985)とするならは、新生児が人との交流を促進させる機能を誕生直後 より有すると
いう意味で、ここには新生児にbuilt-inされた「人指向性」機構が見出されることになろう」と述べられています。インプリティングではないが、母子の絆が形成されるとという記載とは通じるものがあるように思います。ただその後の、「今の四〇代、五〇代の日本のサラリーマンは働きバチで、わが子の出産に立ち会わなかった人も少なくありません。・・・・・・父親が「新生児の覚醒期」に強い親子の絆を結ばなかったツケが回ってきたのではないかと思います」というくだりは私には納得しかねます。興味のある方は一読されたらと思います。参考までにURLは、https://core.ac.uk/download/pdf/229789253.pdfです。
 週末です。暑さが増してきました。今日は夏日でした。熱中症にご注意され、良い週末をお過ごしください。週明けからお待ちしております。

育(そだてる) 84

7 お腹の赤ちゃんとおしゃべりしていますか
      -“胎談”のコミュニケーションで赤ちゃんはどう変わるか
                                                                               大阪胎教センター主宰 森本義晴
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 * 脳は刺激すると発達する
・・・・・・・・・・・・・・・
 脳細胞は数だけそろっていても役に立ちません。細胞が互いに連絡がとれる状態でないと機能しないからです。この細胞同士をつなぐのが神経繊維と呼ばれるものです。細胞と繊維によってできた回路は、お腹の赤ちゃんの成長にともなって、次々に増えていきます。そしてその回路の中を情報が飛び回っています

 この回路のでき方で、その人の個性、人格ができあがっていきます。ここで重要なことは、この回路は、刺激を受けることで、成長増殖し、刺激を受けないと発達を止めてしまうということです。
 脳細胞を刺激するもっとも効果的な方法が、じつは胎談です。
 胎談が、お腹の赤ちゃんの脳を刺激し、細胞や回路を飛躍的に増加させます。ここがいま胎談のもっとも注目されている点です。

     *********
 脳の神経細胞をつなぐ神経線維は何らかの刺激を受けることよって成長増殖するということです。それはそのとおりだろと納得できますね。そして、その刺激について最も効果的な方法が胎談ということです。その内容についてはいずれに明らかにされていくのでしょうか。なお、森本先生の章はいくつかの項をまとめて読んでいきたいと思います。

 * お父さんの「お目めをつぶってこらん」に反応した赤ちゃん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 私の指導している胎談プログラムで生まれた赤ちゃんで、出生後三〇分で、親の言葉を理解した子どもがいます
 このお父さんは、出産直後の三〇分ほどたったときに赤ちゃんと目が合ったのでなにげなく「お目めつぶってごらん」と言うと、その赤ちゃんが目をつぶったのです。驚いたお父さんは次に「話してごらん」と語りかけたところ、「ウワー」と声を出したというのです。
 これには、さすがにこのお父さんもびっくりして、「うちの子はすごいぞ」と喜んだのですが、その反面、「これはおそらく偶然だろう」と思い、そこで少し時間をおいて、三回、四回と繰り返して実験をしてみました。そして、今度はお母さんと二人で観察していると、やはりその指示のとおりに赤ちゃんがしたといいます
 しかも、お父さんが「二回、お目めをつぶってごらん」と言うと、二回パチクリさせたのです。明らかに声に反応しているのです。

 これはけっして偶然ではなく、やはり赤ちゃんは、お父さんの声を理解できたのだと考えてもいいでしょう

 * 生後三〇分で赤ちゃんの目は見えている
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 生まれたばかりの赤ちゃんの目は、新生児の学問では、常識的には、大人の十三分の一くらいの視力しかないとされています。ボヤーッとしか見えていないというわけです。
 ただ、それはいままでの無刺激の赤ちゃんの話であって、胎談によって胎内刺激を受けて生まれてきた赤ちゃんについては、そういう調査はまだなされていません。
 私が、多くのお母さん方と接していろいろな実例を見ているかぎり、胎談で、お腹の中にいるときから刺激を受けていた赤ちゃんの出産後の反応は、他の赤ちゃんとは大きな隔たりがあります
 一言でいえば、これまでの学問では説明できないほど「成長」しているということです。

 生後三〇分で父親の呼びかけに反応したということは、目もやっぱり見えていることになります。もちろん、父親の言葉を理解したのですから、脳の発達とともに視覚と聴覚などの感覚系も一緒に進んできていると考えられます

     *********
 出生後30分でお父さんの「お目めをつぶってこらん」に反応した赤ちゃんがいたというお話です。正直、信じられない思いです。それは胎談の効果だという説明です。もしもそうだとすればすごいことですね。胎教センターで6000人以上の卒業生を出しているということですから、他にも同様の実例がたくさんあるのでしょうか。もう少し読み進むうちにはっきりしてくるのでしょうか。