心を軽くする言葉 60 - かわいがり子育て

かわいがり子育て ホーム »  » 心を軽くする言葉 » 心を軽くする言葉 60

心を軽くする言葉 60

第2章 すべてが腑に落ちる「ものの見方」 の
 7 人間関係の悩みを消す から
 * 念を投げかける
   まわりの一人ひとりに
  「あなたは素晴らしい。
   もっと美しく、魅力いっぱいに花開いて」
   と念を投げかけていると、
   まわりの人たちはどんどん素敵に、
   魅力的になっていく。

     *****
 かつて一〇人くらいの仲間と高知県の定福寺に泊まったとき、
 ある男性が農家の人から福寿草の鉢植えをもらつてきました。
 春まだ浅く、花はつぼみでした。

「福寿草の花はきれいなんですよね」
「どんな花か、見てみたいわ」
 私たちの間ではそんな会話が自然と交わされました。

 私は花にこんなメッセージを送りました.
君はかわいい美しい。その姿をぜひ見せてほしい
 言葉だけではありません。腹式呼吸をしながら、
 手のひらから「」を送り、
「君は魅力的だから、もっと美しく、花を開かせてほしい」とを送ってみました。

 すると、二〇分くらいしたら、つぼながだんだん開いていき、
 が見事に咲きました。
 とても美しい花でした。

 植物でも、メッセージを真剣に投げかけ、パワーを送れば、
 そのとおり素敵に、魅力的になります。
 これがもつと高度な機能を持つ人間であったら、
 どれほど効果が高いか知れません。
     **********
 新しい節に入りました。「人間関係の悩みを消す」です。その最初の項ですが、悩みを消すというテーマとは、直接関係がないお話のような気がしますがどうでしょう。でも、念を投げかけるということはとても大切だと思います。アドラーを学んでいる先輩に山口育子さんという方がおられます。とても素敵な方で、何回か、お願いして講演をしていただいたことがありますが、その山口育子さんのお話の中で、「掛けた言葉のとおりの子どもが返ってきます」という言葉が印象深く、時々、私もお母さん方とお話しするときには使わせていただいています。自分のお子さんに「あなたは素敵。頑張っていますね」と声をかけるか、「どうして、言うことを聞かないの。いたずらばかりして」と声を掛けるかによって、子どもは全く違って育ちますよと言われました。命あるものも、あるいはそうでないものも含めて、どういう思いで関わるか心したいと思います。
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://weareok.blog.fc2.com/tb.php/444-bc7969b6