心を軽くする言葉 67 - かわいがり子育て

かわいがり子育て ホーム »  » 心を軽くする言葉 » 心を軽くする言葉 67

心を軽くする言葉 67

第2章 すべてが腑に落ちる「ものの見方」 の
 7 人間関係の悩みを消す から
 * 損得勘定で決める
   私の価値判断は一つ、損得勘定。
   自分にとって得なことはやるけれども、損なことはやらない。
   損得勘定が完全に頭に入ると、
   人間は声を荒げなくなる。イライラしなくなる。

     *****
 私は宇宙の方程式に関心があっても、
「なぜ、そうなるか」という部分には関心がありません。

 信じられないようなことが
 法則どおりに起こるのがおもしろくて研究をを続けています。
 宗教で言う「信じる、信じない」のレベルの話とは違います。

 だから、私の話も人格論や精神論ではありません。
 私は「正しい生き方をしよう」「立派な人になりましょう」
 といった話が好きではありませんし、他人にそういうことを説くことはしません。
 他人がどういう生き方をしようが関心がありません。

 誤解を恐れずに言えば、私の価値基準
「自分にとって得なことはやるけれども、損なことはやらない」ということです。
 損得勘定が頭に人れば、イライラすることはなくなるからです。

 イライラして損をするのは、ほかならぬ自分自身です。
 イライラが毒液となって自分の五臓六腑を痛めつけます。
 逆に、笑って愉快に生活し、感謝の念を持って生きることで
 得をするのも自分自身です。
 健康で幸せになれます。
 私は「」だからそういう生き方を選んでいます。
     **********
 今週も早週末です。年を取ると時間の過ぎるのが早いとよく言われますが、本当に実感します。7月も明日で終わりです。過ぎ去っていく時間を、イライラしながら生きるより、笑って愉快に生活するほうがよほど楽しいし、健康のためにもそのほうが良いことは、だれが考えてもわかることです。どういう生活が、損か得かを考えて暮らしてみるというのは、分かり易く説得力があるお話ですね。あれっ、正観さんて関西人だったかしらと思ってみたら、東京人でした。損得勘定で生活するというと、つい、関西人かと勝手に思い込んでいる私でした。
 オリンピックも、折り返し地点、ネットで見ていると、SNSで選手への誹謗、中傷も目立つようです。オリンピックの開催そのものについて、賛否両論があるでしょうし、競技をみて、様々な感想を持つのは自由だと思いますが、誹謗、中傷は正観さんの言うところの「五戒」に当たるのではないかと思います。人を傷つけることは慎みたいと思います。
 今週も、お出かけいただきありがとうございます。週明けからまたよろしくお願いいたします。お待ちしております。

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://weareok.blog.fc2.com/tb.php/451-08c4ce21