心を軽くする言葉 104 - かわいがり子育て

かわいがり子育て ホーム »  » 心を軽くする言葉 » 心を軽くする言葉 104

心を軽くする言葉 104

第3章 こころが軽くなる「言葉の力」 の
 11「宇宙の法則」がわかるキーワード から
 * タテヨコ不変の法則
  「一〇年たっても二〇年たってもどんなときでも(タテ、)
   年上に対しても年下に対しても誰に対しても(ヨコ)、
   同じ笑顔、同じ丁寧さを保ち続けること」。
   それが「タテヨコ不変」の意味。

     *****
「タテヨコ不変」とは人格向上のための第一歩です。

「タテの不変」とは、一〇年ぶり、二〇年ぶりに会っても同じ笑顔、
 同じ親しさを保ち続けられるということです。
 年がたてば、人はそれなりの“社会的立場”を背負うようになりますが、
「偉そう」になったり、威張ったり、横柄になったりしなりこと
 とても大事なことに思えます。

「ヨコの不変」とは、いまの自分を取り巻いている人に対して
 同じ態度や同じ笑顔を示し、それを保つということです。
 目上の人や同僚たけでなく、目下の人や、出入りの業者さんにも
 丁寧に接するということです。

「ヨコの不変」を持っているかどうかは、次の三つの場合で見分けられます。
①車を運転するとき
②酒を飲んだとき
③財力や権力を手に入れたとき

 自分が有利な立場や優位に立ったときに急に態度が変わるのは
「業が深い」のだそうです。
 そういう人は「業の修正」をしながら
「喜はれる存在」を目指じていくことになるのでしょう。
     **********
 今日のお話は、その通りだとよくわかる気がします。「タテの不変」については、なんとなく私にもできそうです。面白いのは、「ヨコの不変」を持っているかどうかは、次の三つの場合で見分けられますというくだりです。車の運転をするときに、人格が変わるというようなことをよく言われますし、思い当たります。酒を飲んだ時も、人柄が変わってしまう場面に何度か遭遇しました。財力や権力を手に入れたときについては、そうかもしれないとは思いますが、そういう人と関わったことがあまりないので、実感がありません。でも、なるほどと思いながら読みました。「タテヨコ不変」で生きていきたいものです。
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://weareok.blog.fc2.com/tb.php/488-ab9ff018