子どもの「花」が育つとき 35 - かわいがり子育て

かわいがり子育て ホーム »  » 子どもの「花」が育つとき » 子どもの「花」が育つとき 35

子どもの「花」が育つとき 35

第3章 ふたばのころ   ◆4、5か月ごろ~1歳半ごろ◆
*****************************

 * 大人の真似をしない子ども
・・・・・・・・・・・・・・・・
1歳ころになると
「バイバイ」をしたり、両手をたたく「シャンシャン」など、
かわいいしぐさで大人の真似をするようになって、
周囲の大人たちを喜ばせます。
こんなとき
同じくらいの年齢のお友達がすぐに大人の真似をしたりすると、
ついよその子と比べてみたくなる気持ちはわかります。
そして、「うちの子はなぜすぐに覚えてくれないのかしら
と、心配するお母さんも多いものです。

「うちの子はなかなか『バイバイ』や『ちょうだい』などしないのですが、
何か問題があるのでしょうか」
というご相談も受けます。
けれども、大人の真似をしないからと、心配することはありません
「うちの子は、覚えがよくないのかしら」「頭が悪いのかしら」
などと考えないでください。
ほかの子と比較してはいけません。

乳幼児期の発達は、その子の個性によっても違います。
いろんなことが非常に早くできるお子さんもいれば
じっくり覚えてできるお子さんもいます
それに、この時期の、こうしたことができる、できないは、
犬の「お手」や「おすわり」と一緒で、
親が毎日根気よく教え込めばできることが多いものですが、
少しでも早く、子どもにいろいろなことを覚えてもらいたいからと、
無理に教える必要はありません。
そのことが子どものプレッシャーになり、
子どもの心の安定を保てなくなっては、元も子もありません。

お子さんの発達が少しくらい遅くても
うちの子は大器晩成型かもしれない」と、
お子さんの個性をおおらかに見守っていただきたいと思うのです。

     **********
 繰り返し内藤先生もお話されていますが、私たちはどうして、よその子と較べたくなってしまうのでしょう。金子みすゞさんの詩に「みんな違って、みんないい」と言う言葉が出てきますが、なかなか、そうはなれないですね。比較をしてしまうと、どうしても優劣の感情を併せ持ってしまいがちだと思います。子育ての間は、自分の子どもだけをみて、我が子の成長・発達だけを見守るのが良いのかもしれません。 
 そう、うちの子が、一番かわいいって。 
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://weareok.blog.fc2.com/tb.php/528-6e2882c1