育(そだてる) 83 - かわいがり子育て

かわいがり子育て ホーム »  » 育(そだてる) » 育(そだてる) 83

育(そだてる) 83

7 お腹の赤ちゃんとおしゃべりしていますか
      -“胎談”のコミュニケーションで赤ちゃんはどう変わるか
                                                                               大阪胎教センター主宰 森本義晴
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 * 胎談はお腹の赤ちゃんと話すだけ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「胎談」という言葉をはじめて耳にしたお母さんもきっと多いにちがいありません。胎談とはわかりやすくいえば、お腹の赤ちゃんと対話することです
 お腹の赤ちゃんの話し相手は、お父さんやお母さん、そして赤ちゃんの誕生を心待ちにしている周囲の人たちですお腹に話しかけると、お腹の赤ちゃんもちゃんと応えてくれます
 この胎談が赤ちゃんにどのような効果をもたらすか私の指導する胎教教室での実例やお母さん方の体験などを交えて説明していきたいと思います。

 胎談の効果で、まっさきに指摘されていることは、お腹の赤ちゃんの脳への刺激です。「赤ちゃんの脳」という言葉を聞いただけで、難しそうと尻ごみする人もいるようですが、胎談にはむずかしい知識やテクニックは必要ありません。お腹の赤ちゃんとただ話をするだけです。
 だからといって、胎児の成長過程についてまったく知識がなくては効果的な胎談は行なえません。お母さんやお父さんたちがお腹の赤ちゃんについての知識を持つことはたいせつですが、とくに脳という人間最大の器官について関心を持っていただきたいと思います。

 人間の脳については、「人類早産説」という興味深い論があります。それは「人は大きな脳ゆえに、身体が完成するまで出産が遅れると、産道からの脱出は不可能になる。そのため脳がまだ未熟なうちに早産として生まれる。だから生まれてすぐには歩けないし、母親のオッパイさえも探すことができない」という主張です。
 この説でも指摘しているように、他の動物に比べるとずばぬけて大きいのが人間の脳です。この人間の脳には細胞がぎっしり詰まっていますが、人間の脳細胞(神経細胞)のほとんどは、このお腹の中にいるときに形成されますそれを考えると、胎内での発育が赤ちゃんにとっていかに重要であるかがわかります

     **********
 今日から、森本義晴先生の「胎談」の効果についてのお話です。私は森本先生については全く存じ上げませんでした。「胎談」という言葉も初めて耳にしました。この本の著者一覧には「日本初の、心理学に基づいた胎教プログラムを実施。また育児相談のホームベージも開設。(http://www.fetus.org/) 出典『おなかの赤ちゃんとおしゃべりしていますか』」とあるだけです。出典の『おなかの赤ちゃんとおしゃべりしていますか』を調べていたら、『おなかの赤ちゃんとおしゃべりしよう』という著書がPHP出版から刊行されており前著の改訂版ではないかと思われますが、著者については「1951年生まれ。関西医科大学卒業。同大学院修了。森本病院院長、森本記念健診クリニック院長を経て、現在、IVF大阪クリニック院長。専門は生殖超微形態学。出生前心理学。89年大阪市に心理学を基本とした本格的胎教プログラムを指導する大阪胎教センターを設立。現在までに6000人以上の卒業生を送り出している。また、出生前心理学の立場から胎児の学習能力、胎内記憶の問題に取り組んでいる。NHK、テレビ朝日など多数のテレビ番組にも出演。
主な著書に『おなかの赤ちゃんとおしゃべりしてますか』『赤ちゃんができた』(以上、ごま書房)、『ドクター森本の不妊は家庭で治せる』(ゴマブックス)、『ママ教えて』『さよなら不妊症』(以上、ビクターブックス)、『赤ちゃんを抱きしめたい』(新風舎)などがある」という記事を見つけました。胎教センターでの実績は間違いないようです。まずは読み進めたいと思います。

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://weareok.blog.fc2.com/tb.php/656-918e07c4