育(そだてる) 92 - かわいがり子育て

かわいがり子育て ホーム »  » 育(そだてる) » 育(そだてる) 92

育(そだてる) 92

7 お腹の赤ちゃんとおしゃべりしていますか
      -“胎談”のコミュニケーションで赤ちゃんはどう変わるか
                                                                               大阪胎教センター主宰 森本義晴
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 * お母さんが無意識に思ったことが、お腹の赤ちゃんに伝わる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 胎談の主役は、お母さんと赤ちゃんです。それだけにお母さんの取り組む姿勢が問題ですが、どのような考えでお腹の赤ちゃんと話をすればいいのでしょうか
 胎談とは、お母さんが赤ちゃんに感情移入していくことです。別な表現でいえば、お母さんの脳の一部を赤ちゃんと接続させるという感じです。

 私たちは意識の世界に生きていてその下に無意識の世界が広がっているわけです。無意識の世界を研究していくと、たとえば宇宙論とか、あるいは昔の太古の世界とか、悟りの世界などに結びつけないと、理解できない部分がありますが、胎児を研究していると、赤ちゃんとお母さんは無意識の世界を、共有しているように思えてなりません
 胎児の心の中について考えた人は今までいませんし、そういう論文もまったくありませんが、私は、そのように理解をしています

 お母さんと赤ちゃんは、まったく違う人格ですが無意識の部分で、すこし共有点を持っていてお母さんが思ったことを、言わなくても赤ちゃんに伝えることができるような感じがします。無意識なことも伝わるのですから、母親の態度や精神状態はたいへん重要でしょう。それだけにお母さんは、妊娠中は心身ともなるべくよい状態でいることを心がけたいものです。

     *********
 今日のお話のテーマは私には理解しかねます。無意識の世界が広がっているだろうことは心理学を学んだものからすれば理解できますが、お母さんが無意識の思ったことがお腹の赤ちゃんに伝わるという点の確認の方法が思いつきません。かといって確認できないから、それはあり得ないとも言えませんね。以心伝心という言葉がありますが、言葉を使わずとも心が通じるということで、無意識に思うことが伝わるということではないと思います。ただ、お母さんのお腹の赤ちゃんに対する態度や感情は伝わるだろうとは思います。そういう意味では、「お母さんは、妊娠中は心身ともなるべくよい状態でいることを心がけたいもの」という点はその通りだと思われます。胎談について、もっともっと理科愛を深めなければという思いで読んでいます。

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://weareok.blog.fc2.com/tb.php/665-e0cbc825