新「育児の原理」あたたかい心を育てる 41 - かわいがり子育て

かわいがり子育て ホーム »  » 育児の原理 » 新「育児の原理」あたたかい心を育てる 41

新「育児の原理」あたたかい心を育てる 41

 第二章 幼児のしつけ

 * 子どもの嘘は
・・・・・・・・・・
 少し年上になると子どもは
自分が認められたいとか、いい子になっていたいとか、
しかられるのがいやなためウソをつくこともあります。

 自分の子どもがウソをついた
目くじらをたてたり極端に不安がったりする前に
お母さんは今一度、子どもの接し方についてふり返ってみてください。
なぜ子どもがウソをついたのか
お父さんやお母さんは、その理由と状況を冷静に考えてみることが大切です。

ただし、子どもの軽いウソでも見破って、
真実をつげる勇気の尊さを、じっくり語ってやりたいものです。
しかられることを恐れないで真実を告げたら
その勇気を心からほめてあげてください

     *********
 子どもの嘘のお話です。幼児さんの相談で嘘をつくという相談を受けた経験はほとんどありませんでした。学齢児になると触法少年の相談で出てくることがありました。内藤先生のお話のように、お子さんが嘘をつく理由・目的を冷静に考えることが必要だと思います。嘘をつく理由・目的が理解できれば対応方法がいろいろ考えられると教えられたことを思い出します。それに加えて、「しかられることを恐れないで真実を告げたら、その勇気を心からほめてあげて」という内藤先生のお話は実際にはむつかしいことだと思いますが、そうしてあげたいと思います。あわせて、昨日のお話、「子どもとの約束を守る」をもう一度読み返し、お父さんやお母さんが嘘をつかない生活を送ることも忘れないでいたいと思います。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://weareok.blog.fc2.com/tb.php/727-f5feee28