「語りかけ」育児 21 - かわいがり子育て

かわいがり子育て ホーム »  » 「語りかけ」育児 » 「語りかけ」育児 21

「語りかけ」育児 21

 1歳から1歳3か月までの 1日30分間 語りかけ育児
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 毎日、30分間だけは、赤ちゃんとしっかり向き合います
 この毎日の一対一の語りかけ時間はことばを学ぶには最適の場ですし、赤ちゃんの情緒の発達のためにもとても大切です毎日、大好きなお母さんが自分だけにしっかりつき合ってくれることが確実に決まっていることは、幼い子に何物にもかえがたい安心感を与えます。特にこどもがふたり以上いる場合、そういうふうに自分だけに注目してほしいとこどもが願っていることを知っておいてください
 おとなと同じに赤ちゃんやこどもにもいろいろな性格があります。人づき合いのよさもそうです。忙しい家庭では、こどもが長いこと自分ひとりで何かをやっていて、おとなの注意を引こうとしなければ、親は大助かりです。でも悲しいことにその結果、こどもが2歳ころになっても口をきかないということもよくあることなのです

    ナターシャが2歳半で私のところにやってきたときには、たった3語しか話せ
   ませんでした。頭のよさはみてとれました。すぐに私のおもちゃでクマちゃんに
   昼ご飯を並べたりして、とても積極的に遊び始めました。ところが私が近づいて
   もまったく無視して、私のことを遊びのじゃまとしか見ていないようでした。お
   母さんの話でも、いつもひとり遊びのほうが好きなようでした
    ナターシャのお母さんには、「語りかけ育児」では、特にナターシャの注意が
   向いているところに気をつけて、絶対に遊び方を指図しないよう言いました。ナ
   ターシャはすぐに、お母さんがいれば遊びがおもしろくなると思うようになりま
   した。ふたりの気持ちが通い合っていくのは心なごむ光景でした。ナターシャの
   ことばは年齢レベルにすぐに追いつき、追い越しました
    ごく最近、ナターシャとお母さんが生後6か月の弟を連れて立ち寄りました。
   小さな弟は、私の顔を見たとたんに、私とコミュニケーションをとりたい気持ち
   を顔つきと身振りではっきり見せました。
    私は答えずにはいられなくなり、ナターシャやお母さんとおしゃべりするのは、
   しばらく待ってもらいました。多くの親たちが感じることですが、お母さんはふ
   たりのこどもの性格の違いにびっくりしていました

 ◆ 始める前にチェツクすること
 この時期の赤ちゃんは背景にある音を切り捨てて、必要な音に耳を傾けることができるようになります。でもこの能力はまだ身についたばかりで、しつかりしたものではありません。気をつけて伸ばしてやらなければ消えてしまいます。この時期も、「語りかけ育児」の時間には静かな環境がとても大切です
部屋が静かなことがまだとても大事です

 この時期の赤ちゃんは、以前に比べてたくさんの遊び道具を使います。いろいろあれば、探索したりやりとりしたり、ふり遊びもできます。まだ注意していられる時間が短いので、遊び場にはいろいろ違う種類のものを用意しましょう
 前にもやったように赤ちゃんと一緒に床にすわり、顔が同じ高さになるようにしてください。おもちゃはふたりから手の届く範囲に置いて、一緒に注意を向けられるようにしてください
 赤ちゃんは部屋の中を動き回るかもしれませんその場合は赤ちゃんについて歩きましょう。お母さんが近くにいれば、赤ちゃんはお母さんのことばや発する音を全部聞き取れます。

     **********
 1歳から1歳3か月までの 1日30分間 語りかけ育児の章に入りました。すべての時期を通じてそうなのでしょうが、一対一で赤ちゃんやこどもと向き合うことの意味とその大切さが強調されています。子育て相談で、基本的信頼感を育てること、自己肯定感を育てることの大切さをいつもお話しています。ところが、「こどもがふたり以上いる場合、そういうふうに自分だけに注目してほしいとこどもが願っている」とあるとおり、きょうだいというのは、親の愛情を奪いあうマラソン競争をしているようなものだという話を聞いた覚えがありますが、基本的信頼感や自己肯定感は育ちにくくなってしまいます。そういう点にも十分留意して、このことを心にとめて、それぞれのお子さんに「語りかけ育児」を実行することによって、大好きなお母さんが自分だけにしっかりつき合ってくれることが実感でき、情緒の発達も促されることでしょう。大変かもしれませんが、頑張りたいですね。
 もう一点は、部屋が静かなことの大切さです。耳から入ってくるさまざまな音の中から必要な音を聞き分ける力がついてくる時期のようですので、この点も大切にしたいと思います。
 週明けになりました。良い週末をお過ごしでしたでしょうか。今週もお付き合いよろしくお願いいたします。
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://weareok.blog.fc2.com/tb.php/770-42c096cf