「語りかけ」育児 24 - かわいがり子育て

かわいがり子育て ホーム »  » 「語りかけ」育児 » 「語りかけ」育児 24

「語りかけ」育児 24

 1歳から1歳3か月までの 1日30分間 語りかけ育児 (続)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇ 赤ちゃんが出したのと同じ音を赤ちゃんに返しましょう
 これは、引き続きとても大切なことです。この時期になると赤ちゃんは母国語に合まれる音はすべて発音できるようになってはいますが、お母さんが音を返してくれると、自分の出した音とお母さんの音とを聞き比べることができるからです。まだことばを使いこなせないこどもと「会話」をするには、音を使うのがいちばんです。出せる音が増えてくるにつれて、赤ちゃんが出した音を返すのも、少しむずかしくなってきます。もし赤ちゃんが長い音のつながりを言ったときには、最後の音節をいくつかまねしてみましょう。赤ちゃんは大喜びして、もっと音を返してくることでしょう。

◇ 状況に合わせたおもしろい音を出してみましょう
 このことはぜひ続けてください。車の「ブルン、ブルン」、飛行機の「ブーン、ブーン」といった音は、赤ちゃんの注意を引くにはもってこいです。声を聞くことは楽しいという大切なメッセージを伝え、音をひとつずつ聞く機会を与えられます。赤ちゃんを抱き上げながらの「たかい、たかい」や、階段を上りながらの「ドスン、ドスン」などは、この時期も引き続き楽しめます。赤ちゃんの顔を見れば、どんなに喜んでいるかがわかるでしょう。たとえ赤ちゃんの機嫌が少々悪くても、耳ではちゃんと聞いています。
″遊びの音″は声の楽しさを伝えます

◇ 赤ちゃんの言いたいことに応えましょう
 赤ちゃんがいくつか単語を言えるようになったからといって、無理に言わせようとしないでください。赤ちゃんは準備が整えば、ことばを言うようになります。話すようにと圧力をかけないほうが、ずっと早く準備が整うのです
 どんな方法であれ、赤ちゃんが伝えようとしていることに応えることが大切です。いまでは赤ちゃんは身振り、表情、しぐさ、こったものまねまで上手に使えるので、何を言いたいのかすぐわかります。赤ちゃんの表現したい気持ちに親がどれだけ注意を払えるかが、その後の言語発達に大きな影響を与えるのです

◇ あなたの言いたいことを赤ちゃんに見えるように示しましょう
 この時期、赤ちゃんにことばの法則をわかってもらいたければ、あなたも身振りを使うことです。ここでも、外国語を習っているとしたら、と考えてみてください。どういうときにどの言葉があてはまるのかを知らなければなりません。あなたが物の名前を言いながら、そのものを指させば赤ちゃんは大助かりです。たとえば赤ちゃんがイヌを見ています。おとなが「イヌよ」と言って、指さしも加えれば、「イヌ」ということばの意味を間違えることはないでしょう。こうしないと間違った意味を覚えてしまうのは、こどもにはよくあることです。ことばの専門家なら、誰でもそういうこどもを見ています。
物の名前を言うときには指さしも同時に行いましょう

 表情と身振りをつけると、ことばだけでなく気持ちや態度も理解する手助けになります

    ジェリーのことばはひどく混乱した状態でしたボタンを上着、フオークを皿
   と呼んでいました。ジエリーの家族は大人数でしたが、お母さんは長い間うつ状
   態でした。そのためジエリーはあまり話しかけられることもなく、 一対一の時間
   などまったくありませんでした。
    ジェリーは何かを見ては関係ないことばを聞いて、間違った結びつけをしてい
   ました。どれほど混乱した世界に住んでいたか想像できますか? ほんの少し基
   本のところを間違うと、そのあと大混乱におちいります。その混乱からジェリー
   を救いだすには、とても長い時間がかかりました
   「語りかけ」の時間とそれ以外の時間でも、まわりのおとなはできるかぎリジェ
   リーの注意しているものに話しかけるように努力したので、だんだんと間違えな
   くなりました

     **********
 今日まで、話し方の続きです。四点のお話がされていますが、どのお話も大切だと感じられます。赤ちゃんが出したのと同じ音を返してあげること、音を聞くことが楽しいと感じられるように状況に合わせた音を出してあげることなど、とても効果的だろうと想像できます。くわえて、赤ちゃんが言いたいと思っていること伝えようとしていることに応えてあげることも大切です。お子さんの発達にとって、環境の応答性が高いことは本当に重要です。子育て相談をしていますと、こういうことがあまりうまくないお母さんによくお目にかかります。特に、言葉の遅いお子さんの場合に多いですね。その次の身振りや指差しを使うという点も同じように効果的だと思います。子どもの関心に関心を向けられるお母さんになっていただきたいですね。

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://weareok.blog.fc2.com/tb.php/773-d0ff5d1c